• マイナンバー管理システムの収集について

    マイナンバーの管理システムの中でのランキング一位は、MFクラウドマイナンバー、二位は、他システムと一緒に柔軟な連携管理がなされているセキュアMyNUMBERの管理システム。


    活用しやすい人事データベースシステム、探しやすく操作感が快適なデータベースなら、クラウドのデータベースがいいです。

    マイナンバーのBPOの分かりやすい情報はこちらです。

    5人までの管理が無料で行える、管理収集のクラウドのデータベースなら、履歴書も顔写真もPDFデータベースでアップした管理が行えます。

    5人以上の管理は、1人月に100円です。
    データをまとめる中で、自分で追加作成することも可能です。

    もし、この制度に、マイナンバーの提出をするだけのためになら、アプリからでもできます。

    T-SITEの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

    また、MyNUCS(収集代行サービス)もあります。
    マイナンバー制度の中で、まとめることは、「意志を持って、自己の占有に置くこと」特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン(事業者用)が使用できます。
    個人番号カードの提示や、コピーをとることだけには限りません。

    また、社会保険や、税務の事務のために利用されることもあります。
    個人番号カードの情報を受け取ることも収集にあたります。



    ただ、提示された情報を確認するだけの場合は、「収集」に当たりません。


    マイナンバーの利用目的以外で、身分証明のためで利用する場合もあります。
    使用する時に、必要性についての利用目的が、一般的、合理的に定められてないと「収集」になりません。